タグ:XF18-55mmF2.8-4.0 ( 16 ) タグの人気記事


2015年 08月 12日

「8007」

「8007」
e0354867_21164487.jpg
0039
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


どうやら、番号札2番が「谷地頭」行き。

番号札5番が「函館どつく前」行きのようですね。

では、1番と3番と4番はあるのでしょうか?

昔はもっと路線があったのかもしれませんね。

今はこの二路線だけのようです。

この先もずっと運行を続けてほしいです。


by sura-pa_pstyle | 2015-08-12 21:33 | 街角スナップ
2015年 08月 11日

「8006」

「8006」
e0354867_20594502.jpg
0038
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


路面電車も車と仲良く信号待ちです。

やはり止まっているものを撮るのが性に合っているようです。

撮影会仲間にもよく言われるのですが、カメラを構えてからシャッターを切るまでが長い。

さっと構えてぱっと撮るということが出来ないんですね。

だから動きものは苦手なんです。

練習を重ねるしか方法はありません。


by sura-pa_pstyle | 2015-08-11 21:26 | 街角スナップ
2015年 08月 10日

「812」

「812」
e0354867_17154341.jpg
0037
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


一つ目のこちらは少し古い車体でしょうか。

古いと言えば函館に来た二日目に「はいから号」を見かけたのですが、

天候が悪いと運休になるのでしょうか?

この日は出会えることはありませんでした。

古いものを大切にするという文化は、最近廃れてきたように思います。

文化を継ぐという意味でも、僕は古いものを大切にしたいです。


by sura-pa_pstyle | 2015-08-10 18:09 | 街角スナップ
2015年 08月 09日

「8001」

「8001」
e0354867_19132241.jpg
0036
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


教会群のスナップを予定していた函館滞在最終日。

あいにくの雨で断念。

雨なのでレンズを上に向ける撮影は無理。

どうしようかと考え始めたそのとき・・・・・。

目の前にあるではありませんか。

動きものを撮るのは、僕もカメラも苦手ですが、この際挑戦です。

スピードはさほど早くはないですが、レンズを左右に振りながらシャッターを切るのは難しいですね。

撮影場所は十字街。ここに路面電車用の信号制御装置?が収められた制御塔を傘代わりにして撮影しました。


by sura-pa_pstyle | 2015-08-09 19:53 | 街角スナップ
2015年 08月 08日

「函館市夜景」

「函館市夜景」
e0354867_19324561.jpg
0035
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


5日間の函館滞在中、晴れたのは1日だけ。

モデル撮影が終わったあと、簡単に夕食を済ませて登山バスで急いで函館山へ。

数十カット撮りながら、画角とアングルを決めさらに5カットほど撮りましたが・・・・・。

どれもぶれていました。

手ぶれ補正付きのレンズでも、やはり換算83mmで1/4秒は無謀だったか。

手ぶれの一番少ないカットが上の写真です。

焦点距離55mm、絞りF11、ISO感度6400、ピント位置は手前のホテル。

ライトの光芒とパンフォーカスを期待してF11に絞ったのですが、これがいけなかった。

後で過焦点距離を計算したら、これだけの撮影距離なのでF4.0でも十分パンフォーカスなんですね。

F4.0であれば1/30秒。

後悔しても後の祭りです。一つ勉強になりました。


by sura-pa_pstyle | 2015-08-08 20:21 | 風景スナップ
2015年 08月 07日

「ナンバー 3」

「ナンバー 3」
e0354867_19581120.jpg
0034
body : FUJIFILM X-T1
lens : XF18-55mmF2.8-4.0 R LM OIS


もう一つの赤レンガ倉庫街に辿り着いた。

ドックはもう、直ぐそこ。

ここで重い鉄の扉に出会った。

真正面に立つと重圧を感じるそれは、いきなり話しかけてきた。

「何しに来た」

「撮りに来ました。」

「盗りに来ただとぉ。おまえは盗人か」

「いえいえ、写真を撮りに来たんです。」

「そうか。しかしなぁ。こんなところで何を撮るんだ。何も無いだろうに」

「いえいえ、あなたに出会いました。」

「写真を撮らせてください。」

「いいだろう。ハンサムに頼むよ」

「それでは。」

 パチリ。





写真を撮らせていただく。

僕はこの姿勢をずっと貫いていこうと思います。




「ありがとうございました。」


by sura-pa_pstyle | 2015-08-07 20:18 | 街角スナップ